子や孫を訪ねて②

c0077280_20153681.jpg

c0077280_2018672.jpg

c0077280_20184712.jpg

今年こそはと、毎年のように片山場長には電話をしながら実現できず。オオカミ少年になったように思っていましたが、車での北海道行きに賛同者が現れたのをいいことにして、目的はジャミールの子や孫たちを見たい一心にあまり予定を組まずに昼間は一般道を観光しながら、祝日と夜間に高速を利用しようという魂胆で28日無事に帰宅しました。
片山さん、本当にありがとうございました。それに初対面ではありましたが、すっかり元気になられた岩崎さんにお会いできたことがなによりでした。
グレースコーサーのことは、命あるものには、よけて通れないこととあきらめる以外にないものと思います。
*世代交代が順調に進んでいるものと思い心強く感じています。
                                   
 北の大地で、時々、高貴な光を放す純血アラブ馬たちと幸せに過ごされることを祈っています。
                                      2013.6.30   大村英雄
2013.6.22pm1.30-6.28pm8.30   走行距離 3300KM   往路 敦賀-苫小牧 
帰路 函館ー青森フェリー

6.24日 日高SS36.30L 6.25日大館北32.17L 6.27 滋賀長浜38.40L
 6.30梅木32.0L    使用燃料138.87L  

by babolna | 2013-06-30 20:17  

<< ランクル100 子や孫を訪ねて3300キロ >>